ページの先頭
現在位置:ホーム(1)余暇開発(2)趣味の開発関係|D趣味の効用を考えてみよう

余暇開発/余暇(趣味)の開発 D趣味の効用を考えてみよう

新 着 情 報

趣味開発シリーズ

人生設計シリーズ
団塊世代の現状と課題へ
参 考 資 料

高齢期のライフデザイン診断表

社会参加(地域デビュー)に関する診断表

 趣味には、「楽しさ」だけでなく様々な効用があります。
 どのような効用があるのかを知っているかいないかでは、趣味への取組意欲が大きく変わってくると言えるでしょう。
 今回は、その効用について考えてみませんか。


趣味の効用

効用−1 人生を楽しくします
仕事だけでなく趣味の活動を持つということは、もうひとつの目標を持つことになりますので、生活への張り合いが広がります。また、楽しみの得る機会が増えることで、人生における「ゆとりの充実」にもなります。
効用−2 人間関係を良くします
趣味は、興味や関心を満足させるだけでなく、趣味をとおして多くの人との人間関係を築くことができます。その結果は、自分自身を明るくし生き活きさせ、家庭や職場での人間関係や雰囲気づくりに良い影響を及ぼします。
効用−3 こころを満足させます
趣味を行うということは、そのために費やす事前の労力や時間があります。事前のこころを満足させるものには、事前の準備している時、誰と行うかを考えている時、日々の練習や学習をしている時があります。また実施している時の満足があります。終わったあと反省や感慨にふけっている時の満足もあります。このように様々な満足が得られます。
効用−4 健康づくりになります
自然の中で、おもいっきり体を動かすような趣味は、最大のリフレッシュになります。仕事から離れて趣味に没頭していると、日頃のストレス解消、気分転換になり、明日の仕事への意欲につながります。また体を動かす趣味は、運動不足の解消にもなるなど、健康づくりにつながります。
効用−5 生きがいづくりになります
生きがいを持つのに必要なことは、生きがいとなる対象を持つこと、目標を持つこと、存在を認められることにあります。趣味の活動には、打ち込める対象や向上したい目標や仲間から存在が認められる、という生きがいの三要素が含まれていますので、趣味は生きがいづくりに大いに役立つのです。
効用−6 仲間づくりになります
人と一緒に行う趣味、あるいは人と競う趣味、共に研鑽する趣味からは、多くの「仲間」を持つことができます。そのためには、自分ひとりで行う趣味から、人と行う趣味に発展させることで仲間づくりができます。
効用−7 地域との関係づくりになります
会社や仕事の関係の人とおこなっている趣味、あるいは同好の人とおこなっている趣味を、一緒にする相手や仲間を地域の人に変えることで、地域の人々との関係づくりができます。地域には、さまざまな趣味のグループやサークルがたくさんありますので、それらに参加することで地域との関係づくりができます。
効用−8 社会への貢献づくりになります
一緒に活動している仲間と、その活動をとおして人のために役立てたり、活動をしたくても出来ない人たちと一緒に活動する、あるいは仲間と他のボランティア活動に参加することで、社会への貢献づくりになります。


現在位置:ホーム(1)余暇開発(2)趣味の開発関係|D趣味の効用を考えてみよう

フッターメニュー

ここまでフッターメニュー

先頭