ホーム :1.開会とオリエンテーション :


4) パソコン取り扱いの注意

前へ 次へ

パソコン取り扱いの注意

 ※必ず講師の指示に従って行ってください。

◇開始前◇
  1.最初にシステム復元で「復元のポイント」を作成する
  2.デスクトップに自分名のフォルダを作成する
  3.自分名のフォルダを共有に設定する
  4.下記のサイトにアクセスして下さい。

   ※アクセスできたらサイトのショートカットをデスクトップに作成して下さい。

◇使用中◇
  1.トラブルが生じた場合は速やかに報告する
  2.講師から指示の無い操作はしない
  3.休憩中はパソコンを終了し、電源を切る
  4.Windows Updateが表示されたら「後で通知する」を選択する

◇終了時◇
  1.作成したフォルダー、ファイル、ショートカットの削除
  2.ゴミ箱の中身を削除
  3.インターネットエクスプローラの履歴の削除
  4.インターネットエクスプローラのインターネット一時ファイルの削除
    (場合によってはcookieも 設定/ファイルの表示で確認し削除)
  5.最近使ったファイルの履歴のクリア
  6.Windowsの設定を変更した際の初期化
  7.アプリケーションの設定を変更した際の初期化
    (「プロパティ」「オプション」等の設定を変更した際は初期状態「ディホルト」に戻す)
  8.日本語入力方式を「カナ入力」にした場合は「ローマ字入力」に戻す
  9.メールやアドレスのデータ、作成したメールアカウントの削除
 10.ダウンロードやインストールしたソフト、データの削除
 11.“システムの復元で「システム復元」”を行う
    (システム復元ポイントを作成した場合)
 12.CD−ROMやFDを残さないようにドライブを確認する
 13.接続機器の取り外し(指示されたもの)
 14.電源を切る(モニターの電源、周辺機器も)
 15.借用したノートパソコンと付属品は元の場所に戻す
 16.使用した無線LANカードは所定の場所に返却する
 17.使用した機器やアプリケーションの操作性に問題があった場合は報告する

講座終了時に行う事柄(チェックリスト)

◇その他◇
  IBM−ThinkPadでウルトラベース使用の場合
   ・蓋を閉めると休止状態になること
   ・脱着用ボタンに触れるとCD−ROMとFDドライブが使用不能になること
  マウスは使い慣れたものを持参して使う
  データ保存、持ち運びはUSBメモリーを使うと便利





1.開会とオリエンテーション に戻る

『買い物する際は、製品の研究と比較、そして値段の比較をしましょう』