ホーム :3.パソコン操作の基礎 :3) キーボードの操作 :E 日本語入力ソフトを活用 :a)IMEの利用について :


2.文字入力時に上書きモードに切り替わらない

前へ 次へ

概要
この資料は Word 2002 で文字入力時に Insert キーを押しても上書きモードに切り替わらない現象について説明しています。

現象
テキスト サービスが実行されている場合、IME 2002 を使用して Word 2002 に文字を入力する際、Insert キーを押しても挿入モードから上書きモードに切り替わらず、上書き入力をおこなうことができません。Insert キーを押すと Word 2002 のステータス バーには「上書」と表示されますが、IME 2002 を使用している場合は上書きモードで入力をおこなうことができません。
直接入力の場合は、上書きモードで入力することができます。

状況
この現象は、Word 2002 において IME 2002 で文字入力をおこなう際の制限となります。
解決方法
IME 2000 を使用することができる環境においては、IME 2000 を使用することにより Word 2002 で文字を入力する際に上書きモードを利用することができます。また、Windows XP を使用している場合は、テキスト サービスを停止する事によっても、上書きモードを利用できるようになります。テキスト サービスを停止するには以下の手順をおこないます。
コントロールパネルの [地域と言語のオプション] で [言語] タブを選択し、[詳細] ボタンをクリックします。
[テキストサービスと入力言語] ダイアログ ボックスで、[基本設定] の [言語バー] ボタンをクリックします。
[言語バーの設定] ダイアログ ボックスで [詳細なテキストサービスを無効にする] チェック ボックスをオンにします。
注: Service Pack が適用されていない Windows XP 環境において、テキスト サービスを停止すると、言語バーが表示されなくなりますが、Service Pack 1 を適用することにより、テキスト サービスが実行されていなくても簡易版の IME ツールバーを表示させることができます。Windows XP の Service Pack の適用に関しては、以下のサポート技術情報を参照してください。
322389 最新の Windows XP Service Pack を入手する方法

詳細
再現手順
Word 2002 を起動します。
IME 2002 をひらがな入力モードにします。
任意の文字列を入力します。
手順 3 で入力した文字列の途中にカーソルを移動し、Insert キーを押します。
任意の文字列を入力します。
結果
文字列が上書きモードではなく、挿入モードで入力されます。

補足
ナチュラル インプット、および IME スタンダードのどちらを使用した場合でも発生します。

http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;jp417223




a)IMEの利用について に戻る

『買い物する際は、製品の研究と比較、そして値段の比較をしましょう』