ホーム :4.インターネットの利用 :5) インターネット利用にあたっての留意事項 :@ セキュリティ対策 :


n)Webアクセスで受信したCookieの中身を手軽に調べる方法

前へ 次へ

 ショッピング・サイトなどで一度買い物をしたら、次回からは名前や住所といった情報を入力しなくても済むことが多い。こうした便利なしくみを実現しているのがCookieである。ただ、Cookieは、個人を特定する情報が含まれているため、扱いには注意が必要だ。そこで必要になるのが、受け入れたCookieの内容を調べるテクニックである。

 Cookieは、Webサーバーがアクセスしてきたユーザーを特定するために使うテキスト・データである。WebブラウザがWebサーバーに最初にアクセスしてきたときに、サーバーからブラウザに送られる。Cookieにはユーザーを特定するための情報がテキストで書かれており、その内容はユーザーごとに違う。2回目以降のアクセス時にこうしたCookieをやりとりすることで、Webサーバーはアクセスしてきたユーザーを特定するわけだ。

 ただ、ユーザーを特定するという点には危険性もある。もしCookieが盗まれると、他人になりすまされる可能性があるからだ。また、Cookie自体に個人情報そのものが書かれていることもあり、こうした情報をやりとりするのも危険である。このことから、Cookieの発行元が自分の信頼できないWebサイトだったり、Cookieにクレジットカード番号や電話番号といった個人情報が書かれていたら、そのCookieは受け入れない方がよい。

 そこで便利なのが、受信したCookieの内容を簡単に確認できるテクニックであ
る。

 やり方は簡単だ、Webブラウザのアドレス欄に「javascript:document.cookie;」という文字列を入力するだけである。すると、今、アクセスしたWebサイトから受信したCookieの内容がブラウザ画面に表示される。確認した結果、そのCookieを受け入れたくなければ、削除してそのWebサイトからCookieを受け入れないように設定すればよい。




@ セキュリティ対策 に戻る

『買い物する際は、製品の研究と比較、そして値段の比較をしましょう』