ホーム :4.インターネットの利用 :5) インターネット利用にあたっての留意事項 :A 急増するフィッシング詐欺の実態 :b)カード会社等を装うEメールにご注意ください! :


6.※フィッシングメールのサンプル

前へ 次へ

メールの本文中にある誘導先のURLは「https://kakunin.xxcard-serviice.com/」とした。実際には実在する企業のURLにしておき、クリックすると全く別のWebサイトに誘導される。本文に表示しているURLと、実際のリンク先のURLを変えるのはとても簡単にできる。誘導先には本物のカード会社と告示したサイトがあり、カード番号や暗証番号の入力を促される






b)カード会社等を装うEメールにご注意ください! に戻る

『買い物する際は、製品の研究と比較、そして値段の比較をしましょう』