ホーム :4.インターネットの利用 :5) インターネット利用にあたっての留意事項 :A 急増するフィッシング詐欺の実態 :


g)本物のURLを偽る新手口が登場

前へ 次へ

本物のURLを偽る新手口が登場

 英サーフコントロールは8日(現地時間)、新手のフィッシング詐欺の手口について警告した。偽のウェブサイトで本物のウェブサイトのURLを表示し、ユーザーをだまして、個人情報を入力させようとするもの。

 米サントラスト銀行、オーストラリア・シティバンクの2つの銀行のウェブサイトで使われたことを確認した。サーフコントロールによると、何者かがウェブサイトのぜい弱性を突いて細工し、偽のウェブサイトを表示させるようにしていたという。

 偽サイトは、本物のウェブサイトのURLを表示し、外見も非常に巧妙に作られているため、識別が難しいという。検索スクリプトの欠陥を利用したもので、JavaScriptを使って表示させるとしている。

 同社は、信用したユーザーがIDやパスワードを入力して悪用されるおそれがあるとして、企業に対し、次のようにユーザーに徹底するようアドバイスしている。▽送りつけられたメールが秘密の情報を要求しても応じない▽送りつけられたメールにあるどのようなリンクも追わない▽受け取りの明確なポリシーを持つ−−など。【三好 豊/Infostand】





A 急増するフィッシング詐欺の実態 に戻る

『買い物する際は、製品の研究と比較、そして値段の比較をしましょう』