ホーム :6.講師を体験してみよう :


3) 心構えと基礎知識

前へ 次へ

 シニアのパソコン操作・インターネット利用の学習支援を行うには、「初心者の特性」や「シニアの特性」に留意して行うことが必要です。
 学習する目的が、絶対的な欲求でなく、副次的な出来れば覚えたいという意識が高いともいえますので、一般的に行われている学習とは違い、学習することを中心にするのではなく、学習する環境づくりを中心にすることが求められます。
 不安を取り除きながら、楽しく学べるような雰囲気づくりと各人のレベルにあわせた学習支援が求められるということです。





6.講師を体験してみよう に戻る

『買い物する際は、製品の研究と比較、そして値段の比較をしましょう』