ホーム :6.講師を体験してみよう :3) 心構えと基礎知識 :B その他、講師が知っておきたい事柄 :


j)態度と言葉には注意しよう

前へ 次へ

 学習支援者には、注意しなければならない態度や言動があります。例えば、自分では親切に教えているつもりが、特定の人にばかりに関わっていると、不平等と感じてしまう人がいることがあります。ちょっとした気配りと全体を見回す余裕が必要です。しかし実際には、多くの質問に対しての受け答えや傍に来て教えて欲しいといわれた時など、余裕が無くなることが多々あります。「少々お待ちください」といって待っていただくなど、常に余裕を持って当たることが必要です。そして、近くで指導する場合は、腰をおとして同じ目線で行うようにしないと相手は威圧感を感じてしまいます。横から実際に操作して見せて、同じように繰り返し操作してもらうことが良いようです。
 また、何気なく言った言葉で、相手を傷つけてしまっていることや、学習の意欲を失わせてしまっていることがあります。自尊心が傷つくような言葉、意欲を減退させるような言葉、他の人と比較してしまうような言葉などは、特に注意が必要です。





B その他、講師が知っておきたい事柄 に戻る

『買い物する際は、製品の研究と比較、そして値段の比較をしましょう』