ページの先頭

シニア情報生活アドバイザーマガジン (第113号−2013年12月26日)

     発行:一般財団法人ニューメディア開発協会
         シニア情報生活アドバイザー事務局


 □===================================
■
□  <目次> 
■
 □===================================

[トピックス]

 ●シニアネットフォーラム21 in 東京2014の開催について

 ●富士通「らくらくスマートフォン」講習会のご案内

[スキルアップ講座]

 ●Androidスマートフォンをプロジェクターに投影

       メロウ倶楽部倶楽部関西  布上 太三

[参考情報・資料]

 ●SugarSync 無料プランの終了

 ●Yahoo!グループもサービスを終了、変りは「サイボウズLive」か!

 □===================================
■
□  トピックス
■
 □===================================
 
 ●シニアネットフォーラム21 in 東京2014の開催について

  来年3月12日(水)東京日本橋で開催される「シニアネットフォーラム21
  in 東京2014の概略が下記のようにほぼ決定いたしました。ただ内容的に
  はまだ未定のところもあり、お申し込みにつきましては現在申込用ホームペー
  ジを現在作成中のため、もうしばらくお待ち下さい。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー−ーー
   シニアネットフォーラム21 in 東京2014 開催概要

   テーマ    スマートシニアをめざして

   日  時   平成26年3月12日(水) 10:00〜16:20  

   会  場   〒103-0022 中央区日本橋室町3−2−8
          三信室町ビル 日本橋サンスカイルーム 電話03-3516-3481

   開催概要

   基調講演1  「スマートエィジングという生き方を目指して」
          東北大学特任教授 村田アソシェイツ代表  村田 裕之 氏

   基調講演2  マイクロソフト ディベロップメント株式会社
          代表取締役社長 兼 マイクロソフト株式会社業務執行役員
          最高技術責任者  加治佐 俊一 氏

   表彰及び   シニア情報生活アドバイザー表彰及び懇親会 
   懇親会    (12:15〜13:45)

   特別体験   14:00〜16:20
   セミナー   体験セミナーとしてはWindows 8、タブレット端末、らくらく
          スマートフォン小講演 各二回を予定


   特別セミナー 14:00〜15:00(特別体験セミナーと同時開催)
          「放送とインターネットを連携させた新しいテレビサービス
          ハイブリットキャスト」
          日本放送協会技術局送受信技術センター
                         副部長 鈴木 健一 氏

   ワークショツプ 15:20〜16:20(特別体験セミナーと同時開催)
           「シニア情報生活アドバイザーの活動の実態を知る」   
           コーディネーター兼報告者
           NPO法人自立化支援ネットワーク
                         理事長 生部 圭助氏
           コメンテーター
           (公財)ダイヤ高齢社会研究財団主任研究員 澤岡詩野氏
           NPOシニアSOHO横浜・神奈川代表理事 大熊勇雄氏

   参加費    無料

   申込方法   ただいま申し込みホームページを作成しておりますのでもう
          しばらくお待ち下さい。

   懇 親 会  どなたでもお気軽に、ご参加下さい。
         ■ 時間 :12:15〜13:45 
         ■ 会場 :日本橋サンスカイルーム 4C
         ■ 会費 :2,000円

 ●富士通「らくらくスマートフォン」講習会のご案内

 先日、別メールにて皆様にお知らせ済みですが、この度、富士通と当協会共催で
主としてシニア情報生活アドバイザーを対象とした「富士通らくらくスマートフォ
ン講習会」を来年1月中旬より札幌、福岡、名古屋、大阪、高松、福山、仙台、富
山、東京、全国9カ所において実施する事となりました。

 一応、アドバイザーの方を対象としてはおりますが、富士通としては今後シニア
へ「らくらくスマートフォン」を広めたいとのことであり、アドバイザー以外の方
でもスマートフォンにご興味のある方、ご購入を考えている方が有れば参加いただ
けますので、皆様からも会員の方にご案内いただければ幸いです。

 なお、東京会場につきましては既に満席となっております。

 詳細、お申し込みにつきましては下記アドレスから。
  http://nmda-snr.saloon.jp//?page_id=127

 シニアネット交流広場 → 事務局からの掲示板 → 全国でのらくらくスマー
トフォン講習会のお知らせ

 □===================================
■
□  スキルアップ講座
■
 □===================================

 ●Androidスマートフォンをプロジェクターに投影

            メロウ倶楽部倶楽部関西 布上 太三

 スマートフォンの講習会などを行う際、講師の使用するスマートフォンの画面が、
リアルタイムで、スクリーンに投影されることが望ましいであろう。

 スマートフォンの画面をプロジェクターを使って、スクリーンに投影する方法は、
幾つかあるが、Androidスマートフォンの場合は、Android Screen Monitor(ASM)
というフリーソフトを使うのが効果的である。ASMは、Windowsパソコン、プロジェ
クター、スクリーンが常備されている会場で、スマートフォンをUSBケーブルを使っ
て、パソコンに接続すれば、特段の追加コスト無しで使用出来て、講師の使用する
スマホの画面を、リアルタイムで、スクリーンに投影出来るので便利である。

 http://www.adakoda.com/adakoda/android/asm/

 ASMは、Android SDK (Android Software Development Kit) のプラグインの一つで
あり、ASMのインストールに先立ち、下記の手順で、Android SDK が動作する環境を
整える必要がある。

 なお、Android SDKは、デフォルトで、ddms(Dalvik Debug Monitor Service)なる
プラグインを持っていて、これを使うことも出来るが、リアルタイムに動作する点
で、ASMの方が優れている。

1.必要な機材:

(1)Androidスマホ 
(2)Windowsパソコン
(3)スマホとパソコンを接続するケーブル
(4)プロジェクター 
(5)スクリーン

(3)は、片端がパソコン接続用USBコネクター、もう一方の片端がスマホ接続用
MicroUSBコネクターのケーブルで、スマホに付属している場合が多いが、付属して
いない場合は、パソコンショップ等で、購入出来る。

2.パソコンの環境整備:

 パソコンにインストールする必要があるのは、次の4点のソフトウエアである:

(1)JRE、又は、JDK
(2)Android SDK
(3)Android端末固有のUSBドライバー
(4)Android Screen Monitor

 上記のソフトウエアの入手、及び、インストールの手順は、次のサイトに詳しく、
記載されている:

 
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120223/1039799/?P=1&rt=nocnt

 http://nkbp.jp/1bJ24Cb (短縮URL)

3.スマートフォンの環境整備:

(1)スマートフォンを立ち上げて、設定メニューから、「アプリケーション」−
「開発」とたどり、「USBデバック」にチェックを入れる。

 上記の2、3の操作が完了したら、USBケーブルを使って、スマートフォンをパソ
コンに接続すると、パソコン側ではデバイスの認識とドライバーの登録が行われ、
スマホ側にも、USBで接続した旨のメッセージが表示され、ASMのプログラム
( asm.jar )を起動すると、スマートフォンの画面が、パソコンの画面に表示され、
スマホ画面の変化が、リアルタイムに、パソコン画面にも反映され、パソコンがプ
ロジェクターに接続されていれば、スマホ画面の変化が、逐一、スクリーンに投影
される。

                                以 上

 □===================================
■
□  参考情報・資料
■
 □===================================

 ●SugarSync 無料プランの終了

 このメールマガジン99号で紹介した無料のオンラインストレージ
「SugarSync」が、
無料プランの終了の案内メールが届きました。メールには、2014年2月8日以降は、
有料サービスに移行すると記載されていました。

 これまで、長いこと便利に利用してきたのに残念です。

 ●Yahoo!グループもサービスを終了、変りは「サイボウズLive」か!

 Yahoo!グループからサービス終了のメールを受け取った方がいると思います。

 残念ながら、Yahoo!グループも無くなります。

 理由は下記のように書かれていました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 Yahoo!グループでは、サービスを維持するためにさまざまな検討を重ねてまい
 りましたが、システムの老朽化などにより、今後のサービスの継続が困難と判
 断いたしました。

 サービス終了に伴い、2014年4月16日(水)午後3時(予定)よりページ上での
 閲覧を除くすべての機能を停止し、サービス終了までの期間をお客様によるご
 利用データのバックアップ保存期間とさせていただきます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 便利な機能として利用してきたシニアネットもあります。

 変わるものとして、私の関係する団体でも利用している無料のグループウェアで
ある「サイボウズLive」をお勧めします。

 詳しくは下記のサイトを参照してください。

 「https://live.cybozu.co.jp/」

 Yahoo!グループが終了となったのを機会に、従来200名だった無料利用枠を300名
に拡大したと、12月19日にサイトで発表しています。

 この他に、無料で利用できるグループウェアがありましたらご一報をお願いしま
す。

                    記:臼倉 tokio@usukura.com
                                        http://www.facebook.com/usukura.jp

□====================================
■ 原稿募集
□====================================
 ★アドバイザーやシニアネットワーカーの皆さんからの投稿をお待ちしています。
  日頃の活動を紹介して下さい。紹介文は1,000字以内でお願いします。

 ★シニアネットやアドバイザー養成団体の活動を紹介いたします。
  日頃取り組んでいる活動についてお知らせ下さい。シニアネット/養成講座実
  施団体訪問コーナーで紹介したいと思います。

 ★スキルアップについて掲載して欲しい内容などがありましたら遠慮なくご連絡
  下さい。またスキルアップについての投稿もお待ちしています。

                            (制作担当:臼倉)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□■ 関連のサイト ■□■

 ●シニア情報生活アドバイザー制度の紹介
  http://www.nmda.or.jp/mellow/adviser/

 ●シニアネット交流広場
  http://nmda-snr.saloon.jp//


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□■ シニア情報生活アドバイザーマガジンのバックナンバー ■□■

   http://senior-net.sub.jp/mlma/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■このメールは、シニアの情報支援に携わっている方に配信しております。
 ■配信停止またはE-Mailアドレス変更の手続きは下記に連絡して下さい。
  E-mail:sa@nmda.or.jp
 ■発行元/発行責任者
  シニア情報生活アドバイザー事務局
  〒106-0024 東京都中央区日本橋小舟町3−2 リブラビル地下1階
        一般財団法人ニューメディア開発協会内
  TEL:03−6892−5034 FAX:03−6892−5029
  E-mail:sa@nmda.or.jp
 ■制作担当:臼倉登貴雄(メロウ・マイスター)
       tokio@usukura.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新規ウィンドウで開く




このページの先頭へ(0)


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。

戻る

次へ

先頭へ