ページの先頭
現在位置:ホーム(1)講演活動(2)講演資料一覧(3)|高齢者の人権と生きがい
新 着 情 報
人生設計シリーズ
団塊世代の現状と課題へ
参 考 資 料

高齢期のライフデザイン診断表

社会参加(地域デビュー)に関する診断表

高齢者の人権と生きがい


「高齢者の人権と生きがい」
臼 倉 登貴雄
生きがい支援システム研究所 代表
http://www.usukura.com/

1.高齢者の人権問題の状況


@身体的暴力
A言葉の暴力や無視
B日常的な世話や介護等の拒否
C財産の不当な処分
D年金を渡さない
E性的虐待
F悪質商法や流行の振り込め詐欺などの被害

2.人権問題の発生箇所


@家庭内暴力や虐待
A施設内暴力や虐待
B社会的暴力や虐待

3.高齢者を取り巻く環境と人権


@生活意識の変化
A大きな社会変革
B家庭の孤立、家族の崩壊、個人の個立(孤立)
C長寿化

4.大きく変わった高齢者像


@高齢者自身
・明るく元気で積極的、 ・多様な消費行動、
・自分人生を謳歌、 ・意欲的な社会参加、 ・生涯現役・活躍
A社会の見る目
・存在意識の変化、 裕福世代、 社会的負担、 世代内連帯

5.高齢期の課題と人権


@人との関わり(人間関係) A心身の変化(老化)
Bお金(家計) C生きがい(行動) D住まい(住居)
E備え(準備) F生き方、暮らし方(価値観)
Gライフパニック(対処)

6.生きがいを持って人権を守って生きていくためには


@生きがいを失わずに社会と関わっていきていくこと
A健康で生きていくこと
B感性を磨くこと
C自立して生きていくこと
D配偶者と子どもとの理解を深めておくこと
E備えを怠らないこと
F世代内連帯で生きていくこと
G相談・信頼できるひとを確保しておくこと
H社会の救済制度を知っておく
本文の終り
現在位置:ホーム(1)講演活動(2)講演資料一覧(3)|高齢者の人権と生きがい

フッターメニュー

ここまでフッターメニュー

先頭